【FX】FX-laboさんの通貨強弱とマルチチャートで相場環境が一目瞭然デス

FXコラムと日記
ふうが
ふうが

お疲れ様です。ふうがです。もしかしたらみんな知っていたのかも知れないけど、FXやってる時に便利なサービスを見つけたからうれしくて記事にしましたよ。

似たようなサービスやアプリは確かにありますが、使い勝手やインターフェース・かっこよさなどで今のところ断トツおすすめなはこちらの「FX-labo」の各種サービスになります。無料だし、気が付けば情報商材とか本買わされてました・・・みたいなことはないからご安心を

しら
しら

ちなみに、当たり前だけど紹介するにあたりアフィリエイトやインセンティブの類はありません。単にお勧めということで記事にしてるよ。

では早速どんなものか中身をご紹介していきましょう。

スポンサー広告デス
この記事をかいたひと
アバター

・仮想通貨遊び人→為替FX兼業トレーダー
・ガジェット好きでレビューを書いています
・ブログ運営・デザイン・SEO好き
・動画編集・Vtuberなども着手
・スコッチとアニメがすき。
【MarketPhogear運営代表】

ふうがをフォローする

無料の情報サービスFX-laboとは

サービス紹介

そもそもなんなんデスかそれは。という話ですが、どこでこのサービスを知ったかと言えばひょんなことからツイッターで直接紹介いただきました。パクられ騒動とか色々あったようなので該当ツイート自体の話の流れは割愛しますが、こちらです。

たばてぃんさんの紹介しようとしたら、リプ頂きました。界隈の闇は深い

使ってみたら後者のほうが気に入ったので紹介することにしました。

形態としては、ブラウザ上で動作する形になります(webアプリ)。なのでアプリのインストールなどは不要で様々なプラットフォームに対応しています。PCで見るのはもちろん、スマホでもしっかり表示レイアウトや操作性が保たれている(大事!)。PC版では超有能でもスマホで見るとレイアウトが崩れたり見た目があんまりスマートじゃなかったりということが多いので、この点は素晴らしい。

きり
きり

スマホであればブックマークするか、ホーム画面に追加しておけばOK!かんたん!

しら
しら

次に実際に装備されている機能を紹介していくよ。

currency strength

もう一発目から超重要、メイン機能と言ってもいい部分です。通貨強弱。これをうまく見れるツールを探していて本サービスにたどり着きました。有名どころではこのサイトなんかがあります。ふうがも使用していました。ただ、機能的にもさらに強化されています。

さて、画面を見ていただければわかりますが機能満載。期間が細かく設定できます。なんと1年から10分といった細かい単位指定のほか、当日のみ、東京時間、欧州時間、NY時間だけで抽出したり関連するペアのチャートまで参考で出してくれちゃいます。ちなみに右の通貨名をクリックすると表示非表示できます。

強いていえば関連チャートのところは、関連ペア+メジャー6のチャートとか出るといいなぁとか。

きり
きり

なんにせよ、すばらしい。

cha-chart

名前がちょっとふざけててかわいいですが、中身は高速チャートの一括表示機能。ペアや足も一括指定でとりあえず各ペアの動向をさーっと見たい時に重宝します。だから名前は「ちゃちゃーっと」。洒落が効いてます。同じことをトレーディングビューでやろうとするとすごい大変だし課金が必要です。(MT4は無料だけどやりづらい)。

意外とここまで一気にローソクで見れるサービス少ないのでこれは便利かも。他のサイトだとレイアウト崩れたり、使いづらかったりが多い印象。

ロボきり
ロボきり

ここにおいてはシンプルな見やすさと速度が大事。

RSI-mapping

この機能は他のサービスでは見たことないですね。(勉強不足だったらすいません)

RSIはご存じの通り「Relative Strength Index(相対力指数)」

一般的な解説書の言葉を用いれば「買われすぎ、売られすぎ指標」のようなものです。

※このRSIの解釈についてはいろんな派閥がありますので、ここでは深掘りはしません。

中級編4 FX 〜チャートの基本2〜 「RSI」とは│初心者にもわかるFX投資 | 外為どっとコムのFX

ペアごとの買われすぎ売られすぎみたいなものをザックリ見ることができます。

もちろん個別チャートでRSIを表示させれば誰でも見れますが、さすがに一覧にしているのはここだけな気がする。

Multi-charts

こちらはさっきの「ちゃちゃーっと」より高機能なチャート(トレビュベース)をずらーっと並べてくれているサービスです。並べるだけではなく一括で足やインジケータの設定ができますので、これも為替マーケット全体を俯瞰するうえでは非常に使い勝手が良いと思います。chachartとどっちを常用するかは好みの問題かも。

きり
きり

表示する窓の大きさやダークモード、分割数など細かく設定できる気づかい。

経済指標

これは言うまでもないですね。当日の各種経済指標がさらっと見れます。ただ現状(20年9月段階)では指標の結果やコンセンサス、改定値などの情報は見れませんが、個人的にはそこまで調べるなら専門サイトへ飛ぶのでいいかな、と。

「あれ、今日なんか指標あったっけ」って時に最速で確認できるので便利なおまけ。という感じですね。

他にもいろいろ

このFX-laboさんでは他にもボラティリティアラートか通貨強弱アラートが受信できたりするslackグループを持っています。ペアごとの相場市況や個人的な考察もさかんに行われているようです。こういうクローズドコミュニティについては人によってスキキライありますのでこの場で参加を勧めたりということは差し控えますが、雰囲気は良さそうです。

きり
きり

別にここでも有料サービスに誘導されたり、本を買わされたり、変な勧誘されたりとかはなさそうデスのでご安心を。

しら
しら

有料誘導とか本買わされたりしたトラウマでもあるの?

まとめ

さて、めっちゃ簡単ですが機能をまとめてみました。先述のとおり一つ一つの機能は他でも提供されているものです。そこから先の違いといえば使いやすさ、軽さ(速度)、インターフェース(UI)といった部分ではあります。ですが重要なのはこれらの機能が一つに纏まっていて相互にささっと確認できるということです

そして上でも触れましたが、スマホベースでも使い勝手が変わらず見やすい、はやい(大事)

もちろん、詳細なテクニカル分析はトレビュなりMT4なりでしっかりやる必要はあるかもしれません。ですが出先でスマホを使ってささっと環境認識をしたいとか、ちょっと目を離していたけどなにやら相場が騒がしい、といった際にすぐ全体を見渡せるといった意味で利用しておいて損はないとは思います。

ふうが
ふうが

運営の人も気さくで人の好さそうな人みたいですので、機能リクエストや不具合も快く聞いてくれそうです。

そんなFX-laboさんはこちらからどうぞ

FX研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました